So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本の男性はヒゲを生やすのに、どうして中国人男性はヒゲを生やさないの?

 「中華」と聞くと、今もなお辮髪に細長いひげを生やした中国人男性をイメージする日本人はいまだに少なくないかもしれない。中国メディア・今日頭条は11日、「どうして今の中国人はヒゲを生やしている人が少ないのだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、かつては中国人男性の大部分はヒゲを蓄えており、ヒゲが成人男性のシンボルとなっていたと説明。その代表例として長いヒゲを生やしていたことから「美髯公」と呼ばれた蜀の名将・関羽の名前を挙げた。一方で、現代の中国人男性は一部の芸術家やファッションリーダー、無精者を除いてヒゲを生やしている人が非常に少ないとし、その理由について4つの点から説明した。

 まず1つ目の理由は、20世紀の西洋において中国人に対する恐怖と偏見のイメージが「満大人」(マンダリンの語源、満州人の役人)そのものであり、ヒゲがそのイメージを想起させるからというものだ。2つ目の理由は、ヒゲの手入れが面倒という点。現在ではカミソリの切れ味も良くなり、電動シェーバーもあることから、ひげを生やして手入れをするよりもきれいさっぱり剃る方がはるかに簡単で便利になったとのことである。

 3つ目は「古代の考え方が今の世の中には合わない」と考えていること、そして4つ目はヒゲを蓄えることが今の中国人にとって多くのネガティブな意味を持つようになったことを挙げた。記事は「日本兵のイメージがヒゲ面であり、さらに各種抗日ドラマの影響により、ヒゲを生やしてしまったら日本人そっくりに見えてしまう」と説明している。

 確かに、一部のお年寄りが白いヒゲを蓄えていることがあるものの、若い人を中心にヒゲを伸ばす中国の男性はあまり多く見られない。社会が豊かになり、ファッションがさらに多様化するようになれば、中国でも再び「ヒゲブーム」がやってくるだろうか。

「送っていく」というかたちが必要だ

1zz.jpg
強者と弱者との関係にあったとしても、取引をしている、ないしは取引をするかもしれない関係にあるときは、対等の立場にある者同士である。所属部署、ないしは会社の受付のところまでは、送っていくべきである。すなわち、「送っていく」というかたちが必要だ。

たとえば、入口の先にエレべーターホールがあれば、エレべーターに乗ってドアが閉まるまで見送る。せっかくエレペーターのところまで送っていったにもかかわらず、ドアが閉まりはじめた途端に、きびすを返す人がいる。

おもしろい話や楽しい雰囲気で楽しませる努力が必要なのだ

しかし、それではあまりにも芸がない。食べものや飲みものをご馳走するよりも、おもしろい話を「ご馳走」する姿勢が必要だ。それにはまず、自分をさらけ出すことから始めるのが効果的だ。自分の自慢話ではなく、失敗談や弱点などを話していくと、部下は親しみを感じる。
1zz.jpg
部下が興味を持っている話題について小耳にはさんだら、それについて詳しく聞かせてくれ、と言って酒に誘うのもひとつの方法である。現在の物質過多の時代にあっては、おもしろい話や楽しい雰囲気で楽しませる努力が必要なのだ。

かつら没収は人権侵害、受刑者の訴え認める NZ裁判所

殺人や児童性的虐待の罪で終身刑を受け服役中の男が、刑務所でかつらを没収されたのは人権侵害に当たると訴えていた裁判で、ニュージーランドの高等裁判所は16日、男の主張を一部認め、かつらは「表現の自由」との判断を示した。

 フィリップ・ジョン・スミス(Phillip John Smith)受刑者(42)は1996年に終身刑を言い渡されたが、2014年1月にオークランド(Auckland)の刑務所から仮釈放された際にブラジルへ逃亡した。このとき、スミス受刑者は「自尊心を高めるため」として2年前に着用を認められたかつらをかぶっていた。

 3週間後、スミス受刑者は身柄を拘束されニュージーランドに送還されたが、かつらは没収され、裁判所出廷時に撮影された頭頂部が薄くなった写真が広くメディアで報じられた。

「完全に見下され、体面を傷つけられ、屈辱を味わった」。スミス受刑者は裁判でこう主張し、自分は頭頂部の脱毛を非常に気にしており、かつらは社会復帰のために重要だと訴えた。

 エドウィン・ワイリー(Edwin Wylie)判事は、矯正局がかつらを没収した際にスミス受刑者の人権を考慮しなかったとの原告側の主張を認め、「表現の自由というスミス氏の基本的人権がないがしろにされたと結論付ける」として、かつら没収の決定を取り消す判断を示した。

 ただ、ワイリー判事はスミス受刑者が求めた5000ニュージーランドドル(約40万円)の損害賠償については却下した。

欲の深い女性の方がずっとましである

夫も妻も結婚生活の中で、より大きな面で役に立っ人間になることを月傑にすべきである。ただ財産をふやそうというのは、レべルの低いつまらない月傑である。けれども、自分でできることでも指一本あげようとせず、機会があればすぐにさぽるつもりの女性よりも、欲の深い女性の方がずっとましである。
1a.jpg
母親が無情だと、たいへん困ったことに子供たちにもその癖がついてしまう。どんなに大切な用事でも最後の最後まで片付けないし、やればやったで下手である。

年を取ってから得た知識は簡単に忘れてしまいがちだともいわれている

四十代になってから学びはじめてめざましく成功した人もいる。知能は長年かかって成長していくものだということを否定するような根拠は見当たらない。あまり年を取ってから得た知識は簡単に忘れてしまいがちだともいわれている。

その知議が今すぐに用のないような種頬のものであればそのとおりである。しかし、実用的な性格をもつ知識は、必ず記憶されるものである。フランクリンは一生学び続けた。そして覚えたことはめったに忘れなかったという。
1q.jpg

成人後もタバコ購入“不可”露で新制度検討

 ロシアで、成人後もタバコを購入できない新たな制度の導入が検討されていることがわかった。

 ロシアメディアによると、この制度は喫煙率の低下と健康促進を目指す保健省が導入を提案したもの。制度の対象となるのは、2015年以降に生まれた国民で、成人した後もタバコを買うことができない。ロシアの成人年齢は18歳のため、2015年に生まれた国民が成人になる2033年の導入を目指しているという。

 ロシアでは近年、ホテルや飲食店での喫煙が禁止されるなど、規制が強化されていて、去年の喫煙率は33%だった。政府はさらに、2025年までに25%まで下げたい方針。

行動するのに必要な休息をとっているといえる

「睡眠時間が十分足りているのに、いつまでも寝床の中で眠るとも覚めるともつかない状態で過ごすことほど、愚かな時間の使い方はない。起きていれば何かができるし、眠っているなら、行動するのに必要な休息をとっているといえる。

しかし、うつらうつらするだけで丸太棒のように横たわっているのでは、生きているともいいがたい」イエール大学のある教授は、講演する際には一絶対に二度寝をしないように」と説くのが常だった。
4s.jpg

パリ襲撃計画、ISが指示か シャンゼリゼやディズニー標的に?

11.jpg
フランス検察当局は25日、パリ(Paris首都圏で攻撃を企図していたとして逮捕された容疑者5人が、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の拠点から指示を受けていたと発表した。

 警察は先週末、東部ストラスブール(Strasbourg)と南部マルセイユ(Marseille)の2都市で一斉強制捜査を行い、計7人の容疑者を逮捕し、武器を押収した。後に2人は釈放された。

 記者会見したフランソワ・モラン(Francois Molins)検事によると、残る5容疑者はフランス人4人とモロッコ人1人で、25日にテロ事件を担当する予審判事による審問を受けた。

 ストラスブールで押収された物品の中には、ISへの「忠誠を明示」したり、「死や殉教を美化」したりする内容の文書も含まれていたという。またストラスブールの犯行グループとマルセイユで逮捕された容疑者1人は、「暗号化されたアプリケーションを使いイラク・シリア地域の調整役から送付された共通の指示を所有していた」とされる。

世界一太った女性の苦悩 体重499.8kg

なぜここまで太ってしまったのか。その巨体は完全に病的な域に入っており、自分ではまるで身動きが取れない。女性としてはおそらく世界一の肥満であろうエジプトの30代女性。彼女の人生はとても切ない苦悩に満ちている。11歳で脳卒中を起こして以来、母や妹による介護を受け、25年間一度も外出したことがないというのだ。

エジプト第2の都市、アレクサンドリアに暮らすイマン・アーマッド・アブドゥラティさんという36歳の女性。5kgもある大きな赤ちゃんとして誕生し、11歳で脳卒中を患うと身動きが取れなくなり、体重が急激に増えていった。それから25年もの間、母親と妹のチャイマーさんは学校にも通えないイマンさんの介護に明け暮れ、イマンさんは一度も自宅を出ることができずただ悲しいと嘆いている。

専門家の間でも「生存している最も太った女性」として有名なイマンさんの現在の体重は驚くことに1,102ポンド(499.8kg)。もはや半トンである。一般住宅の床、便器、浴槽、そしてベッドなどは常識をはるかに超えた彼女の体重に耐えられるはずはなく、腕力のない母や妹にとって、歩くこともままならないイマンさんの日常生活の介護は身体的に大きな負担となる。頼りのはずの父親はイマンさんら姉妹が幼い時に死亡している。
前の10件 | -