So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

将来の靴のあるべき姿を代表している

その瞬間、これは形になるぞ!と直感しました。もちろんただ穴
を開けただけでは雨など水が入ってきてしまいますから帰国して
すぐ、ゴム底でありながら防水通気する世界初の靴底の研究を始めました。

今、世界中の靴のうち革底はたった5%。あとの95%はゴム底です。
ゴム底の弱点であるムレ、においは言ってみれば世界が抱える問題。その
問題を解決する技術が、呼吸するコンストラクションであり、美しい
イタリアンテイストに快適な履き心地を実現したのはジェオックスだけ
なのです」「毎日世界各国から私のところに、生活を快適にしてくれてありがとうというメッセージが履きます」とボレガート会長。

当初、呼吸する靴のアイディアを実現するべく、メーカーやフックトリーに企画を持ち込んだが話にも理解されることがなかったという。「今思えば、誰もやらないんであれば自分でやるしかないと思えたし、他にはないライフスタイルを提案する靴メーカーになれたわけですから幸運だったのかもしれません。誰にも理解されなかったとしてもアイディアがあったら信じて突き進むべきでひとつのアイディアはひとつの工場よりも重いということを、ぜひ若い人には知って欲しい」

nice!(0)  コメント(0) 

キッカとフランク ミュラーがコラボ、10周年にちなみ10品目を順次発売

カネボウ化粧品の「キッカ(Chicca)」が、スイスの高級腕時計ブランド「フランク ミュラー(Franck Muller)」とコラボレーションし、来年1月から6月にかけて10品目のアイテムを発売する。
1.jpg
コラボレーションは来年3月にブランド誕生10周年を迎えるキッカが、"これまでの時"を振り返り、"新しい時"を歩んでいくという意味を込めて企画。10周年にちなんで10品目のコラボレーションアイテムがラインナップされ、パッケージにはフランク ミュラーを象徴する数字をモチーフにしたデザインが施される。

 ブランドが誕生した3月5日にはスティック口紅「キッカ メスメリック リップスティック」や、チーク「キッカ フラッシュブラッシュ」など4アイテムで構成された「キッカ ハッピー 10th バースデーサプライズセット」(税別8,500円)が発売される。
nice!(0)  コメント(0) 

大きな話題と人気を集めたLEDランプ

昨年欧州とアメリカで発売され、大きな話題と人気を集めた
LEDランプが日本にやってくる。それが、フィリップス「HUE」だ。
開発に携わったジョージ・イアン二氏曰く、これは人と明かりの
関係を多く変える自信作とのこと。従来明かりとは、自分が好む
色のランプを購入時に決定することが常識だった。だが、HUEは、
アプリケーションでの操作によって、無限とも言えるカラーの表現
が可能なLEDランプだ。「われわれが研究したライトレシピによって、
人が元気になったりリラックスできたりというカラーを演出することが
可能です。また、外出先からリモートコントロールで操作することも可能
なので、セキュリティの面でも役に立つと言えるでしょう。ランプで心
豊かに、そして安心できる生活が、日本でも始まる。

nice!(0)  コメント(0) 

夏をたっぷり楽しんだ、30代に贈るオススメ美容液

イベントが盛りだくさんの楽しい夏も、もうすぐ終わり。
この夏をアクティブに満喫した方は特に、忘れてはいけないことが!

それは、目には見えないお肌の紫外線や乾燥などによるダメージ。
実は毎年、このダメージが蓄積されているかもしれません。

このまま放っておくのは、TRILL世代の女性としてNGです。
未来のお肌のために今からきちんとケアしていきましょう。

お肌にとって重要だといわれている、ヒアルロン酸。
実は私たちのお肌では、このヒアルロン酸が、劣化と再生を繰り返しているのを知っていましたか?

ヒアルロン酸は、時間が経つことで劣化していきます。
しかしお肌自身の持つサイクルが、時間経過により劣化したヒアルロン酸を分解して再生してくれるというワケ。これが日々、繰り返されることで、ハリのあるみずみずしいお肌を保っています。






nice!(0)  コメント(0) 

マーガレット・ハウエル、ミズノ「Mライン」別注モデルを発売

「マーガレット・ハウエル(Margaret Howell)」が、フットウエアレーベル「ミズノ1906(Mizuno1906)」の「Mライン(M-Line)」とコラボレーションしたスペシャルオーダーモデルを10月上旬に発売する。価格は税抜1万9,000円。全国のマーガレット・ハウエル直営店で店頭予約を開始しており、オンラインでは9月8日から受け付ける。
1.jpg
Mラインは「ミズノ(Mizuno)」が1972年に発売を開始したシリーズで、当時の最先端技術を用いた競技用シューズから一般向けのトレーニングシューズまでさまざまなモデルを展開。創業110周年を迎えた昨年に現代版にアップデートさせた。アスリート向けのシューズを生産するランバード工場で製造されており、エキスパートランナー向けシューズの木型を用いたフィット感で履き心地の良さを実現させている。

今回のコラボレーションでは、アッパー全体をオールブラックに、ミッドソールをオフホワイトとハウスグレーのコンビネーションに変更。インソールにはジョイントネームを配置した。展開サイズは女性用が23.5〜25.5センチメートル。男性用が26〜29センチメートルとなっている。
nice!(0)  コメント(0) 

違った人生の楽しさが開花するものです

そのときのあなたは、とてもやさしい眼差しで相手を見つめているはずです。華やぎとは自分自身を背伸ぴさせたり、ギラギラと飾り立てることではないこと、おわかりになったでしょう。さあ、あなたもどうぞ、華のある女、存在感のある女性になってください。

とても簡単なことなのですよ。男と女ときたら、すべてべッドにつながる。さすがに、もうこういう考え方をする人はいませんよね。それどころか、いかに素敵な男友達を持っているかで、また違った人生の楽しさが開花するものです。
11.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

いつでも起こりうる

 米国のオバマ前政権で国務副長官を務めたトニー・ブリンケン氏が朝日新聞の単独取材に応じ、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)体制の崩壊に備え、日米韓や中国などが「事前協議をすることが非常に重要だ」と語った。在任中に中国側に協議を持ちかけたが、応じなかったことも明らかにした。

 ブリンケン氏は、金正恩・朝鮮労働党委員長が権力基盤を固めつつあり、体制崩壊の可能性が高いわけではないとしながらも、「いつでも起こりうる」との見方を示した。米高官経験者が、北朝鮮の体制崩壊について公に言及するのは珍しい。こうした危機感は、昨年11月にオバマ大統領がトランプ次期大統領(いずれも当時)と面会した際に伝えられたという。

 ブリンケン氏は、正恩氏が権力掌握のために、政権幹部らの粛清を急速に進めていると分析。粛清対象となった幹部らが「先に行動を起こす可能性がある」として、テロやクーデターに踏み切る可能性がありうるとの見方を示した。こうした事態に備え、関係国が一致して対処できるように、(1)核施設の管理(2)軍の派遣方法(3)崩壊後の統治方法、について事前に協議する必要性を訴えた。

○○のワインでなくては口に合わないわ

11.jpg
 あなたはどうですか?もし今自分のパランスが崩れていると感じるのであれば、それはあなた自身が崩すように仕向けてしまっているのです。確かに周囲を見渡してみると、バランス組よりもアンバランス組のほうがずっと多いのも事実です。

 外出用の高い職を買うために、部械着は安物で我慢してしまう人。ひとりのときはコンビニのお弁当ですませているにもかかわらず、「○○のワインでなくては口に合わないわ」と蘊蓄を述べる人。

人間的な助け合いの世界である

しかし、彼が明らかに新調のスーツを着ていたら、誰かが代役を買って出る。それは小さな行為であるが、人の立場を思いやったうえでの犠牲的行為である。人間的な助け合いの世界である。

自分が機なことは、ほかの人にとっても嫌なことである。したがって、それを率先してすれば、その場にいるほかの人たちは、その視切な行為に感動する。小さな感動であるが、心に残る記憶である。友人とは意気揚々と、陽気に楽しい雰囲気の中で会いたい。
11.jpg

日本の男性はヒゲを生やすのに、どうして中国人男性はヒゲを生やさないの?

 「中華」と聞くと、今もなお辮髪に細長いひげを生やした中国人男性をイメージする日本人はいまだに少なくないかもしれない。中国メディア・今日頭条は11日、「どうして今の中国人はヒゲを生やしている人が少ないのだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、かつては中国人男性の大部分はヒゲを蓄えており、ヒゲが成人男性のシンボルとなっていたと説明。その代表例として長いヒゲを生やしていたことから「美髯公」と呼ばれた蜀の名将・関羽の名前を挙げた。一方で、現代の中国人男性は一部の芸術家やファッションリーダー、無精者を除いてヒゲを生やしている人が非常に少ないとし、その理由について4つの点から説明した。

 まず1つ目の理由は、20世紀の西洋において中国人に対する恐怖と偏見のイメージが「満大人」(マンダリンの語源、満州人の役人)そのものであり、ヒゲがそのイメージを想起させるからというものだ。2つ目の理由は、ヒゲの手入れが面倒という点。現在ではカミソリの切れ味も良くなり、電動シェーバーもあることから、ひげを生やして手入れをするよりもきれいさっぱり剃る方がはるかに簡単で便利になったとのことである。

 3つ目は「古代の考え方が今の世の中には合わない」と考えていること、そして4つ目はヒゲを蓄えることが今の中国人にとって多くのネガティブな意味を持つようになったことを挙げた。記事は「日本兵のイメージがヒゲ面であり、さらに各種抗日ドラマの影響により、ヒゲを生やしてしまったら日本人そっくりに見えてしまう」と説明している。

 確かに、一部のお年寄りが白いヒゲを蓄えていることがあるものの、若い人を中心にヒゲを伸ばす中国の男性はあまり多く見られない。社会が豊かになり、ファッションがさらに多様化するようになれば、中国でも再び「ヒゲブーム」がやってくるだろうか。
前の10件 | -