So-net無料ブログ作成
検索選択

世界一太った女性の苦悩 体重499.8kg

なぜここまで太ってしまったのか。その巨体は完全に病的な域に入っており、自分ではまるで身動きが取れない。女性としてはおそらく世界一の肥満であろうエジプトの30代女性。彼女の人生はとても切ない苦悩に満ちている。11歳で脳卒中を起こして以来、母や妹による介護を受け、25年間一度も外出したことがないというのだ。

エジプト第2の都市、アレクサンドリアに暮らすイマン・アーマッド・アブドゥラティさんという36歳の女性。5kgもある大きな赤ちゃんとして誕生し、11歳で脳卒中を患うと身動きが取れなくなり、体重が急激に増えていった。それから25年もの間、母親と妹のチャイマーさんは学校にも通えないイマンさんの介護に明け暮れ、イマンさんは一度も自宅を出ることができずただ悲しいと嘆いている。

専門家の間でも「生存している最も太った女性」として有名なイマンさんの現在の体重は驚くことに1,102ポンド(499.8kg)。もはや半トンである。一般住宅の床、便器、浴槽、そしてベッドなどは常識をはるかに超えた彼女の体重に耐えられるはずはなく、腕力のない母や妹にとって、歩くこともままならないイマンさんの日常生活の介護は身体的に大きな負担となる。頼りのはずの父親はイマンさんら姉妹が幼い時に死亡している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: